CRM/MA 無料60分診断/資料請求

無料診断の電話予約/お問合せ:0120-533-190

Amazon キンドル/導入支援マニュアル

『ZohoCRMを導入した時、IT担当者が最初にしないといけないこと』

Zohoクリエーターに関する記事

  1. TOP
  2. Zohoクリエーター
New !
829

2017/08/29大阪セミナー!Zohoクリエーター&Zoho CRMを使って、企業内データを丸ごと「見える化」しちゃいましょう!

News & セミナー

投稿日:

自由度の高い”データベースApp”Zohoクリエーター”がさらに今年初旬にサービスプランが変わりさらに利用しやすくなりました。 様々なビジネスシーンで応用できるクラウド型データベースアプリケーションの「Zohoクリエーター」が今年初旬、サービスプランが大きく変わりました。特に、プランとして際立っているのが、「レコード無制限・・・。

続きを読む

Zoho CRMのレコードを、レコード制限なくFetchする「searchRecordsByPDC」を使ってみた。

Zohoクリエーター

投稿日:

やりたかったことは、シンプルにZoho CRMの連絡先のメール一覧を引っ張ってきたかった。 Zohoクリエーターで簡単なアプリケーションを作ろうと思った。シンプルに、Zoho CRMの連絡先タブのメール一覧を引っ張ってきて、クリエーターで入力した項目と合致したら、別の処理に移るというもの。Scriptで、レコード処理するというのが正直、分かるようで、よくわか・・・。

続きを読む

《自分メモ》Deluge Scriptで、Zoho Creatorで自動メール時のフォーム選定とメール紐付けと、レポートのログインした時にユーザー選定

Deluge Script

投稿日:

Zoho Creatorのユーザーインターフェイスも新しくなっていた! この前、久々にZohoクリエーターを触ったので、少し備考録的なメモ。2016年はZoho CRMだけでなく、Zohoクリエーターも新しいユーザーインターフェイス(以下「新UI」)に変わった。しかし、新UI以前のユーザーは、CRMの時のように自動的に新UIには変わらない。理由はよくわからな・・・。

続きを読む

Zoho CRM APIの”UpdateRelatedRecords”のメソッドをZoho CRMで使ってみた。

Deluge Script

投稿日:

UpdateRelatedRecordのメソッドを使ってみた。 関連タブを紐付ける時に使う、UpdateRelatedRecordsを使ってみた。早速、UpdateRelatedRecordsのメソッドの内容はこちら。基本的な使い方は、メソッド内にある型に合わせ(後ほど説明)てこれを、getUrl()で処理をすれば基本はOKとなる。 APIの使い方は、大きく・・・。

続きを読む

Zoho Creatorの開発者権限の付与の方法

Zohoクリエーター

投稿日:

Zoho Creatorの開発者権限の付与の方法について Zoho Creatorの開発者権限なんですが、アプリケーション単位で行う必要があるみたいです。手順はこんな感じ まず、設定>一般 開発者の選択>開発者の追加 Google Appsと紐付いているメールアドレスを追加 結構シンプルな感じだけど、「設定>共有」との違いがまだクエスチョン。。

続きを読む