数式項目に関する記事

  1. TOP
  2. Zoho CRM
  3. 数式項目
New !
zoho

数式を使って、誕生日から年齢を出力してみた。

数式項目

投稿日:

数式項目を使って、誕生日(日付)を入力すると年齢が出せるようにした。 Zoho CRMの項目には「数式」と呼ばれる項目がある。これは、ある項目の中身を合計を出したり、割り算をしたり、四捨五入したりなどができる。今回、日付項目にデータが入っていたら、年齢を算出するものを作ってみたい。 サンプルコードはここ 手順としては以下のような形 まず、設定からカスタマイズ・・・。

続きを読む

Zoho CRMデータの値が空かどうかの条件分岐の時のスクリプト

Zoho CRM

投稿日:

Zoho CRMにおいて、ある項目の値が、空でないなら、次の処理(値を返す)みたいなのをする時、サーバーサイド的なよくあるコードで書こうとすると、わけがわからなくなってしまった。。 とりあえず、Zohoの数式項目における関数一覧はここ。 値がない=「文字数が0」としてい条件分岐を書くみたい。。 そのため、使う関数は、このlen(string(文字列))になる・・・。

続きを読む

2つの日付を比較する「Datecomp」関数を使ってみる!

Zoho CRM

投稿日:

日付の比較をしたいということを、ゾーホージャパンのサポートH氏にメールをすると、「Datecomp」という関数をおしえてくれた。 数式項目内で日付の項目を比較するには、Datecompという関数を使用する必要があります。 Datecompという関数は、2つの日付を比べ差分を分で返す関数です。 1つめの引数が大きい場合プラスの値、1つめの引数が小さい場合マイナ・・・。

続きを読む