Deluge Scriptに関する記事

  1. TOP
  2. Deluge Script
New !
zoho

Zoho CRMのレコードをZohoクリーエーター (バージョンC5)に入れる時のスクリプト解説!

投稿日:

この記事はまもなく有料ページとなります。 Zoho CRMのレコードをZohoクリエーター(バージョンC5)に入れる方法 Zoho CRMのレコードを入れようとしたら、Zohoクリエーターにバージョンを上げた途端(C4=>C5)、スクリプトがうまく動かなかったので、備忘録を書いておこうと思う。 前回のクリエーターのバージョンでの記事はこちらを参照。 Z・・・。

続きを読む

Zoho CRMにカスタムボタンの設置(カスタムタブから商談に新規レコード追加方法)

投稿日:

この記事はまもなく有料ページとなります。 初期モジュール(タブ)と項目名 Zoho CRMのカスタム・タブに「カスタムボタン」を設置した。その「カスタムボタン」を押すと、デフォルト・タブ(今回は「商談」)に新規レコードが追加される。スクリプトはこんな感じ。 デフォルト・タブの初期項目名は予め決められている。 商談などのデフォルトのタブを利用した時、そこにある・・・。

続きを読む

Zoho CRMのレコードを、レコード制限なくFetchする「searchRecordsByPDC」を使ってみた。

Zohoクリエーター

投稿日:

やりたかったことは、シンプルにZoho CRMの連絡先のメール一覧を引っ張ってきたかった。 Zohoクリエーターで簡単なアプリケーションを作ろうと思った。シンプルに、Zoho CRMの連絡先タブのメール一覧を引っ張ってきて、クリエーターで入力した項目と合致したら、別の処理に移るというもの。Scriptで、レコード処理するというのが正直、分かるようで、よくわか・・・。

続きを読む

Zoho CRM APIの”UpdateRelatedRecords”のメソッドをZoho CRMで使ってみた。

Deluge Script

投稿日:

UpdateRelatedRecordのメソッドを使ってみた。 関連タブを紐付ける時に使う、UpdateRelatedRecordsを使ってみた。早速、UpdateRelatedRecordsのメソッドの内容はこちら。基本的な使い方は、メソッド内にある型に合わせ(後ほど説明)てこれを、getUrl()で処理をすれば基本はOKとなる。 APIの使い方は、大きく・・・。

続きを読む

Zoho CreatorからCRMへの移行「スクリプト版」

Deluge Script

投稿日:

Zoho Creatorから、CRMへ移行できる方法は2つあります。 1.まずは、カスタムアプリを作成して、CRMにインポート用のタブを作る方法 2.次に、Creator側にスクリプトを記載して、CRM内の「見込み客」にインポートする方法 今回は、2の方法を説明。1はこちらをどうぞ。 手順としては以下の方法 Creatorでフォームを作成し、 WorkFlo・・・。

続きを読む