CRM/MA 無料60分診断/資料請求

無料診断の電話予約/お問合せ:0120-533-190

Amazon キンドル/導入支援マニュアル

『ZohoCRMを導入した時、IT担当者が最初にしないといけないこと』

  1. TOP
  2. MA
  3. ウェブ・マーケティングで忘れてはいけないこと!キーワード上位になっても、サイトに集まんなきゃ意味がない、見込み客にならなきゃ意味がない。最後に顧客にならなきゃ意味がない。。

ウェブ・マーケティングで忘れてはいけないこと!キーワード上位になっても、サイトに集まんなきゃ意味がない、見込み客にならなきゃ意味がない。最後に顧客にならなきゃ意味がない。。

MA


ダイレクトメールで顧客の動きが可視化できれば、関係性の糸口が見つかる。

Zoho CRMには、キャンペーンというタブがあります。これは、キャンペーンを管理し、そこから流入した顧客を紐付けるという機能です。加えて、ZohoキャンペーンというDM(電子メール)と連携すると、顧客の開封状況やクリック状況が顧客情報内に追加されます。

2017-02-02_12-16-06

すると、上記から誰が、いつ、どのキャンペーンで行動(開封/未開封/クリック/回数)が見える化します。
この反応から見込み客の興味内容・ロイヤリティー・関心度がある程度、把握できるようになります。

その基本情報をベースに、「最近いかがですか?」という電話をしてもあまり、嫌がられることは少ないように思います。逆に、まったく開封していない顧客に個別メールをしても、返信の期待は少ないかもしれません。。

このように、SEOを上げてから、どのようにデータ(見込み客)を一元化させ、活用することで、顧客獲得をすることが重要なのかが分かっていただけたように思います。

SEO上位にしても見込み客から顧客獲得までに頭打ちになっている方がおられましたら是非、Zoho CRMとZohoキャンペーンをご検討ください。
弊社も全面的にバックアップいたします!

60分無料相談も実施しております!

お気軽に御連絡ください。