CRM/MA 無料60分診断/資料請求

無料診断の電話予約/お問合せ:0120-533-190

Amazon キンドル/導入支援マニュアル

『ZohoCRMを導入した時、IT担当者が最初にしないといけないこと』

  1. TOP
  2. MA
  3. ウェブ・マーケティングで忘れてはいけないこと!キーワード上位になっても、サイトに集まんなきゃ意味がない、見込み客にならなきゃ意味がない。最後に顧客にならなきゃ意味がない。。

ウェブ・マーケティングで忘れてはいけないこと!キーワード上位になっても、サイトに集まんなきゃ意味がない、見込み客にならなきゃ意味がない。最後に顧客にならなきゃ意味がない。。

MA

ウェブマーケティング

キーワードは上げるのは、大切だけど、「見込み客」にならなきゃ意味がない。

早速ですが、個人的にキーワード検索を上げるのは、得意な方です。このZohoラボも、Google検索で「Zoho 導入支援」のキーワードから、Zohoジャパンのサイトが並んだ後の次で3番目にきています。

代理店の中では後発のサイトにも関わらず、がんばっている方だと思います。今回は、その検索上位の上げ方は話しませんが、時々、耳にする「SEOって意味がるの?」っという懐疑論に触れていこうと思います。恐らくこれは、「SEO上位=顧客獲得」という図式が影響しているように思います。

要するに、キーワード上位になっても、サイトに人が集まんなきゃ意味ないし、見込み客として管理してなきゃ意味ないし、最後に顧客にならなきゃ、意味がありません。

今回は、SEOを上げた後の大切なお話をしていこうと思います!

SEOで上位になっても、見込み客として管理し、そのデータを活用して、顧客を作るプロセスまでが重要。

SEOは切っ掛け、セッション数の増加は、イコール顧客の増加ではない。

ホームページを作る時、最初に何を一番、考えますか?

9割は、見た目(デザインやコンテンツ)だと思います。ただ、いくらデザインがかっこよくても見てもらわないと意味がありませんよね。無料だとSEO(検索エンジン最適化)になりますし、有料ならリスティング広告(Adwords)になります。無料でやる場合は、最初の設計から、最低限の技術理解と、優良な沢山のコンテンツが必要となります。しかし、そこで、上位に上がったとしても、大抵はコンテンツを読んで終わりになります。その中のほんの数%が問い合わせにくるというのが現実だと思います。

しかし、そんな数%の問合せフォームからメールが届いて、何度かやりとりをして、成約までいかなかったらそれで終わり。。。時間が過ぎたら、その問合せの存在すら忘却してしまう。。

ハッキリ言って、これじゃもったいないです。

次は、顧客に育てるため、見込み客の管理が必要となります。1回のやり取りで駄目でも、諦める必要はありません。そう次のチャンスを狙いましょう!

次は、問合せフォームのデータ先をCRMで一元化させて、活用してまでがゴール!