1. TOP
  2. MA(Zoho Sales IQ)
  3. ワードプレスとZohoで「見込み客」を自動で引き寄せる「やり手営業マン」の作り方!

ワードプレスとZohoで「見込み客」を自動で引き寄せる「やり手営業マン」の作り方!

MA(Zoho Sales IQ)

|
zohoautomation

自社サービス・サイトを2019年にリニューアルしました。

いつもお世話になります。管理人のヒガシヤマでございます。
現在、別のBtoCの事業(英語講師の派遣と英語塾)を保有しており、2019年のGW明けに、そのサービスを大きくリニューアルしました。

そこで、CMSの巨人であるワードプレスと、Zohoを使い最強「営業マン」が完成しましたので、そちら共有できればと思います(笑)!
まずは、今回ホームページをリニューアルした背景は、以下となります。

ホームページの変更理由

  • SSLによる暗号化がグーグルの上位表示のため重要。
  • AMPによるサイト高速化がグーグルの上位表示のため重要。
  • また、ワードプレス自体もVer5.0で大きく変更(グーテンベルクやPHPのバージョンなど)。

上記以外にもいろいろあるのですが、主な理由は、検索エンジンのグーグルの要求が大きく変わったことが挙げられます。
約1ヶ月+GW中、テンプレートを使わずひとりでモクモクと一生懸命、作りました。。

同時にZohoサービスもとことん入れてみた!

折角リニューアルするんだったら、このZohoラボの名前の通り、実験的な意味合いでとにかく、ホームページに入れることができそうなサービスはとりあえず入れてみました。
今回導入したサービスは以下となります。

もう、持っている知識をすべて注ぎ込みました。。
自分で言うのもなんですが、かつてないほど最強の「営業マン」ホームページに仕上がったと思います(笑)。

今回はいままで一度も投稿したことがない、Zoho Marketing HubZoho PageSenceを取り上げてみたいと思います。。

Zoho MaketingHubは、MAの究極の形だと思った。。

ホームページをリニューアルする前、マーケティングで利用していたのは、ZohoキャンペーンとSales IQだけでした。Marketing Hubの存在は知っていたものの、どう使うのか正直、わかっていませんでした。しかし今回約1ヶ月いろいろ試してみてわかったのですが、これはマーケティング自動化(MA)に伴う最終型だと思いました!

マーケティング・シナリオを簡単につくれる「Journeys」がとにかくすごい。。

Maketing Hubは現在、日本語未対応なのですが、その機能は何から語ったらよいのかわからないぐらい最強です。特に、このマーケティング・シナリオを直感で操作できるJourneyは脱帽しました。。
スクリーンショット 2019-06-10 16.00.56

上記はメルマガ登録をしていもらったユーザーに対してのマーケティングのシナリオですが、単にドラック&ドロップで完結します。。なので、テンプレートを揃えておけば数十分で完成します。もちろんZohoサービスとの連携がバッチリ且つ他の第三者サービスとの連携も多彩なので、マーケティングのアイデアを短時間で具現化させて、システムに落とし込むことができます。

ウェブのポップアップ機能も面白い。。

あと、面白いのが、ある条件に基づいたユーザーに対して、任意のページのみにポップアップのフォームを表示させることができます。
スクリーンショット 2019-06-10 16.06.20

これで利用したシナリオは、まずメールキャンペーンで特定のページのリンクを貼り、そのメールキャンペーンのユーザーが、そのページに移動した後、このポップアップでさらに追跡するような形です。あまりしつこくすると嫌がれるので、訪問数回〇〇後みたいな感じで、条件を付け加えました。

今回である程度、コツを掴めたので、いろいろなサービスに現在、導入し、また今まで難しいと思えたマーケティングのシナリオに挑戦していきます。またその中で成功したシナリオも随時、本ブログにアップしていけたらと思います。

近々、MakeringHubだけのセミナーを実施したいと考えております。是非、メルマガ登録をしていただけましたら、ご案内をさせていただきます。

PageSenceは、コンテンツ配置の強力な武器!

次は、PageSenceですが、簡単にいえばGoogle Analyticsをビジュアル的に見やすくしたような感じです。
なぜ、PageSenceが個人的に好きな理由はこのサーモグラフィーで、ユーザーの動きを可視化してくれることです。
スクリーンショット 2019-06-10 16.28.39

流入経路や、サイト内の動きは十分、Google Analyticsでも理解できるのですが、このようにサーモグラフィーで表示されることにより、ただなんとなく配置していCMS内のコンテンツのメニューも、流入経路が可視化されることで、根拠が明確になりました。まだリニューアルしたばかりなので、アクセス数は少ないですが、まだリニューアルして1ヶ月も経過しない間に数件の問合せがきました。。

これらのZohoのサービスを通して今後、営業活動(BtoBも含めて)は、リアルからバーチャル(インターネット中心)に移行するように思いました。
Zohoラボでは、導入前・後診断サポートにより、Zohoを使ったビジネスの最適化のご支援をさせていただいております。是非一度、ご検討くださいませ!

導入前・後診断サポートはこちら