1. TOP
  2. Zoho CRM
  3. 【自社メモ】「顧客ポータル」のサービス別(Zoho CRM・クリエーター・インボイス)のメリット・デメリット解説。

【自社メモ】「顧客ポータル」のサービス別(Zoho CRM・クリエーター・インボイス)のメリット・デメリット解説。

Zoho CRM

|

Zohoインボイスにも顧客ポータルの機能がある!

Zohoインボイスにも顧客ポータル機能があり、機能は主に2つと言える。ひとつは、クレジットカード番号の変更や基本情報(名称・住所・メール・電話)の変更と、過去の履歴(請求書)である。

2019-05-06_17-20-42

クレジットカードの削除はこちら側画面から

Zohoインボイスで想定イメージは、顧客側からのクレジットカード番号の変更が挙げられる。その際、オンライン上で完結しようとなると、クレジットカード番号の受け渡しをメールなんかでするのは顧客側のリスクが高く、そのような場合にいおいて、顧客ポータルを有効にし、顧客自身でクレジットカード番号を変更させるのが一般的と言える。そこで、古くなったクレジットカード番号を削除するのは、こちら側画面の連絡先内の項目にある。これで古い方のクレジットカードを削除する。

全体のまとめ

Zoho社の「顧客ポータル」は、これらサービス以外にもあり、非常にパワフルだ。顧客ポータルの機能がビジネスでハマれば、コストは大きく減らすことは間違いない。ただ、うまく機能しなければ、逆にコストがかかる両刃の剣とも言える。そのため、仕様をどこまでシンプルにさせるかが鍵のように思う。

顧客ポータルによる業務の効率化、自動化でご相談のある方は、導入前・後サポートでお受けいたします。