CRM/MA 無料60分診断/資料請求

無料診断の電話予約/お問合せ:0120-533-190

Amazon キンドル/導入支援マニュアル

『ZohoCRMを導入した時、IT担当者が最初にしないといけないこと』

  1. TOP
  2. Zoho CRM
  3. Zoho CRMのユーザーを追加するときの注意点

Zoho CRMのユーザーを追加するときの注意点

Zoho CRM

|

既に作成したZoho CRMのグループに新たにユーザーを追加するとき注意しないといけない点。基本的なやり方は以下のような感じ。

  • 設定>
  • 権限>
  • 「新しいユーザーを追加」
  • 招待メールを送る
  • すると、招待を受けたユーザーにメールが飛び、そこのURLをクリック
  • 無事ログイン

この招待メールからではなく、新規ユーザーが別でログインすると、「15日間の無料利用」に行き、ユーザーが紐付かない状況となる。クロームのブラウザとかで、cookieのない、シークレットウィンドウとかでやってもダメ。ログインすると、必ずそのユーザーだけが、「15日間無料利用」に進む。。そのようなとき、「Zoho CRMの組織削除」を行うみたい。

Zoho CRMでは、間違って別のCRMの組織を作成した場合、作成した組織を削除するための機能を提供しています。
下記のページを参考にして、◯◯ユーザーのZohoアカウントでCRMの組織の削除を行ってください。

Zoho CRMの組織情報の削除 – Teachme
https://teachme.jp/contents/247887

CRMの組織を削除した後に、本来のCRMの組織から再招待を行ってください。
招待メールに記載している認証リンクをクリックすることで、Google Appsとの紐付けが完了します。

招待の認証が完了すると、Google Appsのグローバルナビゲーションからもアクセスできるようになります。

※注意点
招待の認証を行う前に、グローバルナビゲーションからZoho CRMにアクセスしないでください。
また、別のCRMの組織が作成されてしまうことになるのでご注意ください。